タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

平成24年度 文化庁日本語教育大会のお知らせ

2012.08.08(21:05) 243

平成24年度 文化庁日本語教育大会が、

東京都の 昭和女子大学グリーンホールにて、平成24年8月31日(金)に開催されます。

のしろ日本語学習会の主講者の北川裕子先生も活動報告を発表されることに

なりましたので、お知らせいたします。


詳しくは、添付のちらしの画像をご覧ください。


広報担当:石井




20120831bunkachou_convert_20120808205309.jpg




スポンサーサイト

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



タイトル画像

2010年11月3日(水)能代市男女共同参画宣言都市記念式典

2010.11.04(01:13) 93

2010年11月3日(水)能代市男女共同参画宣言都市記念式典が
能代市文化会館(大ホール)で行われました。

http://www.city.noshiro.akita.jp/kouhou/newkouhou/PDF/105_7.pdf

パネリストとして、のしろ日本語学習会 北川裕子先生も
出席されましたので、ご紹介いたします。



P1090409_convert_600PIX.jpg

○ 秋田県県立能代北高等学校 書道部 作 の 宣言書

P1090425_convert_200PIX.jpg

○パネルディスカッション(席左より)
  テーマ「一人ひとりを認め合い、心豊かに暮らせるまちづくり」
 
 ☆ コディネーター 能代市男女参画推進委員会 会長    加賀屋  七重 氏

            http://www.city.noshiro.akita.jp/g.html?seq=87 

 ☆ パネリスト   
           エンパワメント・センター主宰     森田   ゆり 氏
           
            http://www.geocities.jp/empowerment9center/

           のしろ日本語学習会 代表       北川   裕子 氏
            
            http://njsl016.web.fc2.com/index.html

           秋田県立大学 木材高度研究所 准教授 佐々木  貴信 氏
            
            http://www.iwt.akita-pu.ac.jp/
            
           NPO法人 メリーゴーランド 理事長   佐々木 久美子 氏                  
            http://www.akita-kenmin.jp/merigo-k/      



P1090427_convert_200PIX.jpg

○式典終了後の記念撮影にて


気持ちの本 森田ゆり先生著

○ホール受付にて、エンパワメント・センター主宰 森田ゆり先生著の、本の販売も
 されていましたので、紹介いたします。

 著書の中の一冊「気持ちの本」を購入してみました。とてもすばらしい絵本でした。
 森田ゆり先生の本はAmazon.co.jpでも購入可能ですので、興味のある方か
 リンクもご参照ください。

 「気持ちの本 森田ゆり先生著」




「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



タイトル画像

CLAIR(自治体国際化協会)フォーラム3月号・・・245号

2010.03.29(13:06) 18

昨年12月、CLAIR多文化共生課が「地域国際化協会職員研修・・第二回事業担当者向け研修」~外国人の日本語教育ニーズと日本語教室運営についてと題して、研修会を開催した。その研修に「のしろ日本語学習会」の事例報告を依頼され話してきた。

先日その報告が記載された「自治体国際化フォーラム 3月号・・245号」が贈られてきた。
CLAIRは日本の国際化を様々な視点から考え、地域の国際交流協会の元締め的な立場ある協会だといえる。
日本の国際化の未来を考えるのに重要な場所でもある。

その場所へ、能代のような地方で国際交流協会も無い所から、事例報告者として呼ばれたことは画期的な出来事だと思っている。・・・地方から発信する時代が確実に来ているといえる。

その掲載された記事を読み考えさせられた事があったので抜粋する。

「秋田県能代市の日本語学習の取り組みが紹介された。・・・いつか外国人達が私達の老後を支えてくれる存在になるでしょうと話す北川氏の言葉から、在住外国人がかわいそうだから日本語学習を提供するのではなく、その地域に欠かせない担い手になるからこそ、対等な仲間として日本語教育を提供するという姿勢が伝わってきました」

上記の内容で、能代教室の紹介記事が書かれていた。

日本国中に外国人がかわいそうだから日本語学習を提供している日本語教室が多いと言うことでもある。
その考え方が、外国人は時間を守らなくてもよい、言葉が理解できなくてもよい、約束を守らなくてもよい・・
日本の国を理解しなくても仕方ない・・優しいつもりが、そんな外国人を育ててしまった・・

その結果が派遣切りや、企業に一番最初に首を切られる・日本の学校に通えない子供達が多いという現実となった

企業が、外国籍住民を労働者と考えなくなったとき、ホントの意味で住民として受け入れて行くための
支援の在り方をもう一度考えるべきだ。

その為にも・・日本という国をもう一度見つめ直す視点が必要だと思う

日本は島国である。文化も習慣も独特のものを持つ(だからこそ外国人は日本に興味を持つ)
国際理解を身体で受け止める土壌がない日本人・・外国人と関わったことのない国民が大半を占める
他者と交わらない土着の人間に国際理解を考えろと言うのは非常に難しい

しかし、20年関わって面白い発見をした
信頼と柔軟性がある人間と理解できると、そこには外国人という壁は無くなる。

信に足る人、柔軟に物事に対処する言語能力・・それがあれば国際交流は自然にできる
それが日本人の国際理解だ

要するに・・国際理解より人間理解が最初に来るのが日本人

人間理解をすると、外国人にこだわらず優しく親切な人達がたくさんいる・・もしかして東北人だけか?
それが「のしろ日本語学習会」が継続できる最大の理由だと思う。

それらを一緒に考えられるネットワークが作れたら・・もっと楽に国際交流ができるだろうが・・
地方に住む為には、人間としての度量が問われる・・と言うことだ

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



タイトル画像

比較移民研究会に参加して・・

2010.03.29(10:07) 17

3月13日・14日、東北大学東北アジア研究センター・比較移民研究会ワークショップ開催。
「国際結婚移住者の現状と地域参画」をテーマに4人が報告者として呼ばれ、その一人として参加した。

宮城県国際交流協会0さん、岩手県洋野市国際交流協会Iさん、福島県国際交流協会Mさん、
そして国際交流協会もその拠点もない能代から北川

ワークショップは以上4名(東北)の報告から開始された。

東京での大会やワークショップには参加しているが、地方の現場で活動している人の報告や問題に目を向けた研究会はあまり聞いたことがない・・

北川は話したことがあるが、地域の支援の在り方は自立することに繋がると話すと、それらの問題を考えるのは特別な地域だという目で見られる
地方は、それほどレベルの高い支援体制を行っていないという偏見があるからか?

主に大学関係者や研究者からの発表で、地域の問題を分かっているような研究会が多い中で、日本語教育支援関係者とは違う視点(移民文化)で議論がなされたのは面白いワークショップだった。

東北大学李教授が、能代教室に興味を持って見学に来てくれ(他の発表者の現場にも訪れたそうだ)今回のワークショップが開催された事は、一歩前進だと思う。

泊まりがけの研究発表だったので寝ないで?議論したが、どこも同じ悩みを抱えていた。
地方で国際化を前面に出して外国籍の人達を支援することのシンドさは、口では言えない苦労がある。

土着の文化を必死で守ってきた地方(田舎と呼ばれ、過疎化少子化する場所)で、異文化を理解して下さいと言うのは、その手伝いをする日本人がトンデモナイことを言う人という目で見られる。

又、欧州型移民政策で対応した場合、地方では(中央でも同じだと思うが)外国人の差別化に繋がっていく。
地方に来る外国籍のお嫁さん達は、都会の労働者と違い集住できない。
だからこそ、一人の人間として自立する支援体制が求められる。


今回の研究会で知り合えた教授の皆様には、これからも様々な事を教えて頂きたい。
そして、これからの活動に協力を貰えたら嬉しいと思う。、

ただ・・秋田県の人間として、この研究会が秋田県の大学ではなく東北大学であることに一抹の寂しさを覚えた
悲しいかな・・現実だ~
もっともっと地域からの発信が必要だと・・改めて感じた

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



北川先生出張
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 平成24年度 文化庁日本語教育大会のお知らせ(08/08)
  3. 2010年11月3日(水)能代市男女共同参画宣言都市記念式典(11/04)
  4. CLAIR(自治体国際化協会)フォーラム3月号・・・245号(03/29)
  5. 比較移民研究会に参加して・・ (03/29)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。