タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

子供の幸せ・・お母さんが考えてくれました

2010.03.29(14:39) 19

O市の中国のお母さんが、子供達を中国へ置いてくるのではなく春休みの間だけの中国訪問を考えてくれました。

何とか理解して貰おうと話しました。
中国と日本の漢字の違いや読み方の違い、日本に戻ったときの子供の苦労等・・
子供を二人育てているのに、日本の学校の事を何も理解していない母親が居ました。

他の中国の人達も協力してくれました・・高校へ進学した中国の子供が、学校生活の難しさを
お母さんに伝えてくれました。
小学校の3年~6年の間は日本語の基礎を学ぶ期間でもあります。
今、中国語の母語を学ばせる事は、子供をダブルリミテッドにすることになります。

日本語の基礎が入っている子供は、母親の母語も確実に習得していきます。
誰がこのことを教えていくのでしょう。

O市の日本語教室も閉講式を行いました。
行政担当者も出席してくれましたから、子供の学習者も増えている現実をふまえて、日本語教室を
行政担当者が見学する姿勢や学校教育関係者との連携が取れる方法を考えてくれないかと希望しました。

教室に来る母親達に、能代教室のように日本社会で生きる為の術を教えてあげられる教室づくりを
もっと考えてあげられたら・・それが、O市の日本人に理解して貰える事に繋がるはず・・

今年度は、O市の教室からも日本語能力試験2級合格者が2名でました。
日本語の指導に揺るぎない方法があることの証明でもあります。
決して能代に住む外国人だけが優秀なわけでは無いと言うことですね。

22年度は能力試験の傾向が変わります・・指導者自身の学びがもっと必要になります。

O市も22年度も教室が開催される事になりました・・きちんと結果を出している教室ですものね・

中国へ訪問した家族が、春休みが終わって帰国したら・・お母さんと一緒に子供の学校のことを考えてやりましょう
さー忙しくなるな~・・・地方の国際理解はまだまだですね

スポンサーサイト

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



2010年03月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 子供の幸せ・・お母さんが考えてくれました(03/29)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。