タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

J君

2010.10.09(09:20) 82

J君は、現在小学6年生。母親は12年前、中国帰国家族2世として中国人の夫と一緒に来日した。日本語を上手く話せず日本の文化も理解しない両親に育てられたJ君は、躾の行き届かない中国人の子供という評価をされていた。親が日本語を理解できずに子供を産んでも、地方の町では対応も支援も個人の裁量になる。保育所へ入るようになっても根気よく説明してくれる関係者も通訳してくれる人もいないまま、子供は大きくなるしかない。

問題が表面化するのは、小学校入学時ということになる・・・義務教育を受けるためには未熟すぎる日本語と、日本の文化や習慣を理解できないことで起きる学校との摩擦・・・・
日本語指導者が付いたとしても、異文化の中で育った子供という認識がなく障害児と同じ対応をした場合は、成果は上がらないだろう

彼をそんな風にしたのは、家庭であり日本人側の対応のまずさだからだ。

そんな彼が2年前から母親と一緒にO市の日本語教室に来るようになった。
当初は落ち着きが無く、真面目に勉強をする姿勢も見えない・・大人の日本語と学習言語は違うので面白くないのかな~と、J君をゆっくり観察してみた

まず・・6年生なのに辞書が引けない(国語辞典も漢和辞典も)
算数の問題をやらせて判明したのは、割り算ができない・・割り算の意味を理解していない
足し算も遅すぎる(指を使って足し算をする)

要するに勉強の基礎ができていないのだ・・・・学習言語の不足は、学校の授業についていけない子供になる
常に答えだけを求め、何故間違えたのか知ろうともしない・・正しい答えを書くことにのみ固執しているように見えた・・久しぶりに大きな声で叱った(答えだけ欲しかったら教室に来るな・・答えをうつすだけなら最初から計算もしなくて良い・)暫く下を向いていたJ君・・

どうして日本語教室にこようと思ったの?・・・覚えたいから・・きちんと教えて欲しいから(

J君は、すがるような眼でこちらを見る・・彼は学校で疎外されている自分を何とかしたいと思っているのだ・・きちんと話をして・・小学校3年の問題から始める事にした。


まず、辞書を自分で引けるように特訓(できるようになった!!)親を頼れない場合は、自立させるしかない・・
答えを誰かに聞くのではなく、自分で答えを探す方法を教えるのが指導者の役割

足し算・引き算・・100ます計算自宅特訓(足し算が早くなった!!)
面白いことに・・勉強が理解できるごとに、座って落ち着いて書くようになった。

必死で勉強しているJ君だが、来年は中学生・・中学は学校は勉強しなくても卒業できるが、高校は自分の能力で入るしかない・・

生まれた国が日本と言うだけで国籍は日本・・育てる両親が日本社会を何も知らなくても産まれただけで日本人だと言われてしまう子供・・育った環境や子育ては中国式のはずだ・・誰がこういう子供を救うのだろう・・

日本社会で一番居づらさを感じているのはJ君本人のはずだ。

君を高校まで行かせたいから特訓するけど・・着いてくる?・・いやなら無理しなくても良いけど・・
頑張る!!・・教えてください・・・
日本語教室で彼の特訓をする日々だが、怯えていた眼が真っ直ぐに見返してくるようになった・・彼の居場所は今まで無かったのかもしれない・・・・彼が日本で産まれず国籍も日本で無かったら、もしかしたら手を差し伸べる人がいたのかもしれない

この問題は、外国人集住地域には無い問題であり、労働者としての外国籍住民しか見ていない日本語支援者には理解できない事だと思う。日本人配偶者の子供は日本人として対応される・・子供の思いは、そこには何もない

地方に住む外国籍住民は、人間だという意識さえ持たれずに生活している実態がある。
そんな人達が生む子供は・・どうせ、あんな親から生まれた子供なのだから勉強など、そこそこできればそれでよい・・・過疎化少子化のためだけの結婚?・・

10年後の田舎の町が、日本文化を知らず、疎外されて育った大人達で溢れるとしたら・・そんな怖さに気づく知識人は田舎には居ないのだろうか

法政大学の田中優子先生が書いてくれた現論には、私達の思いが明確に提示されていて、嬉しい論説だった。
新聞を読んだ人達から・・ヨカッタね、分かる人には分かるんだよね。能代教室の姿勢は先駆けなんだよね~・・

嬉しいような・・・素直に喜ぶべきかも・・

スポンサーサイト

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



2010年10月09日
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. J君(10/09)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。