タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

日本語教室でバス旅行

2011.05.24(04:50) 144

日本語を指導しながら、コミュニケーションのための実践的な能力を育てるには、学習者がさまざまな人達と出会い、活動する機会を得られる練習が必要だと思うことが多いです。せっかく勉強しても、いつも同国の人達だけで集まるのでは日本語を覚える意味がありません。
その思いが、1年を通して様々な交流事業を計画することに繋がりました・・・お花見もしかりです。


バス旅行を組み入れたのにも理由がありました。

時間を守る・・・・約束をしたら時間を守るのが当たり前だと思う日本人から見ると、外国人の時間の概念はルーズに見えますが、習慣は簡単には変えられるものではありません。「早く来てね」と言っても早く来るのは日本人ボランティアだけだったりします

日本語教室は、言語と同時に日本社会で生きる術を教える場所だと思っています。時間を守る概念は日本社会で生きていく上で必須条件ですから、これを体感させるためのバス旅行です。

バスを借りるお金が無く、ボランテイアが個人の車(8台)に分譲して連れて行く方法も試しました。
これはダメでした・・ボランテイアの日本人の配慮が先になり、受講生達が自ら時間を守る意識にはなりません。
運転する側の疲労は・・大変でした(私も運転)

一大決心で、市役所に掛け合いました・・・市のバスを貸して貰えないだろうか・

日本社会で時間を守ることを覚えなければ仕事にも就けない、子供の登校時間や出社時間などの社会的なルールもだが、友人同士でも約束を守り、遅れたり都合が悪ければ必ず連絡をすることなど、自立を促すためのバス旅行だと・・市長へ直談判をして了解を得たのが10年前でした。

年に一度のバス旅行(日帰り)は、楽しいと同時に様々な学びがありました

もちろん時間を守るのは当然です・・・出発時間に間に合うように早めに集まる(最初は来ない人もいて、確認すると今から出ますから待って下さいと言う・・・バスを直接その人の家の前に着け、仲間同士の信頼を裏切るのは日本人は嫌いです・と言ったこともありました)

帰りに、バスの前に3時に集合と約束しても来ない人が必ず居る(みんなで捜す・・・集団行動のルールを守らないことが、どれほどみんなに迷惑をかけるか)・・日本語教室でおこなうバス旅行だからこそ、体験させられることです。

迷惑をかけた人も、迷惑をかけられる体験をした人も、二度と同じことは繰り返しません
今は、全員15分前には集合してくれます・・後輩達にキチンと伝えられています。


バス旅行は、バスの中で色々なことを話して貰えます・・・家族の心配事や嬉しかったこと、子供の学校でのできごとや悩みなど、教室では中々話せないことをゆっくり聴く機会になります。
子供達は大はしゃぎ・・大声での「しりとり遊び」には必ず加わります。


入場券を買うために整然と並ぶ日本人・・お昼の食堂で注文したものを待つ日本人・・遊園地で順番を待つ子供達
ゴミはゴミ箱へ捨てるか、持ち帰る(日本人はゴミ用の袋を持参する)
遊びの中で覚える日本のルールは知らぬ間に身に付いています

食堂で注文するとき必ず出てくるカタカナ表記・・・日本人と一緒だからこそ注文できる料理の味・・
ほかの人が食べている料理の名前を聞く子供達・・日本人が持ってきたお弁当を見つめる外国人の母親
お土産を買う日本人と一緒に安くて美味しそうなお土産を選ぶ
楽しいと同時に、日本人のみんなと一緒だという安心感


バスを借りての旅行なので、降りるときはゴミを拾う・・運転手のおじさんに御礼を言う・・お土産を渡す

何処へ遊びに行っても、これらのことは学べます・・バス旅行は、楽しみを共有すると同時に日本人のルールを体感できる最高の機会です。

これらを会得している受講生たちは、今回の地震や停電にも混乱しなかったと思います。日本社会のルールが身に付いているからです・・・冷静に行動する彼らを見て、文型や文法だけではない学びの本質を見ているような気がします。

運転手さんもお馴染みです・・最初は何を言っているのか分からなかったけど、一年ごとに日本語が上手になっていくね・・私にも気を遣ってくれるんですよ・・外国人だからって偏見持っちゃ行けないね
日本人よりキチンとしているよ~・・私も皆さんの顔を見るのが楽しみなんですよ

嬉しい言葉です・・・教室から巣立った人達が自立できる理由がここにあります。
たくさんの人達に助けて貰える人・・・それを育てるのが日本語教室の役目です


5月29日(日)の今年のバス旅行は水族館(GAO)です。

子供達への学習支援をしていると、動物園も水族館も行った事がない子供もいます。
行ったことがあっても理解できないまま見て来ている子供には、みんなで行くバス旅行は嬉しさが倍です。
何でも聞くことができる日本人がたくさんいるからです(ボランティアの皆さんの役割は大きいです)

頑張って行ってきま~す。
スポンサーサイト

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



2011年05月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 日本語教室でバス旅行(05/24)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。