タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

実践の学び・・教えることで見える面白い日本語・・

2012.02.22(05:33) 211

今日は「~ている」の勉強でしたが、面白かったので紹介します・・・

①落ちている」と②「落ちました」の違いが、どうしても分からない

消しゴムが落ちました・鉛筆が落ちました・・(床にあるものを見ても、「落ちている」とは言わず「落ちました」としか使えない・・・・指導が下手だから・インパクトがないからかな~と、1万円札を使って実践・・


机の下にある1万円を見て「あー1万円が落ちてる!!」・・・「落ちました」ではなくきちんと「落ちてる」と使えるではないか・・しかし・・
私のポケットから1万円がパラッと落ちたのを見ても・・「あ!先生 1万円が落ちてる!!」と言う・(この言い方は正しくない)
1万円札が落ちる継続表現と考えるならあながち間違いではないが、実際の状況ではこの言い方は変だ


別の場所で勉強している子供達が興味深げにやって来た・・机の下にあるお金を見て「先生、お金が落ちてるよ!」(正しい表現)
私のポケットからパラッと落ちる1万円を見て・・「先生、お金が落ちたよ」(正しい表現)
子供には文型も文法も不要・・体感で学ぶ・・


大人達に聞いてみた・・・・消しゴムや鉛筆・10円ぐらいのお金だと「落ちました」と言うのに・・1万円になるとどちらの場合でも「落ちてる」と使うのは何故なの?・・

我が教室の特徴は、それぞれが自分の思ったことを言い合う事をモットーにしている


Aさん・・『落ちた』って使うのは自分のもののとき、『落ちてる』って使うのは自分のじゃないときに使う。、1万円札は自分のお金じゃないから、どっちも「落ちてる」って使う(何となく理解できる)

Bさん・・安いお金は「落ちた」って言う、高いお金の時は「落ちてる」と言って教えるから・・安いお金の時は日本人は警察に行かないよ・・・・高いお金の時は警察に行くよ・・(オイオイ日本人・・見られていますよ)    

Cさん・・「落ちてた」って言うと、後からそのお金を貰えるから・(???なんのこと??)

あーそうか・・交番にお金を届けるとき「落ちました」とは言わないよね。「お金が落ちてた」って言うものね・
お金の場合は、どんなときでも「落ちてた」と言った方が自分のものになる確率が高いと言うことか~(爆笑)


みんなで大笑いをしました・・「みんなの前ではお金を落とせないなー・・危ないなー」
「大丈夫ですよ・・半分欲しいなんて言いません・安心してください」(又・・爆笑)


言葉は心と知性を表す

日本語を支援しながら・・ものの見方や考え方が柔軟になっていく自分が居る。
いつの間にか・・日本語を操りながら冗談を言い合う関係になっている受講生達を頼もしいと思う

そんな教室は、外国人はもちろんですが、日本人にも楽しい場所です。


練習して・・色々言えるようになりました
  「あー鉛筆が落ちましたよ」「消しゴミが落ちましたよ」「お金が落ちましたよ」
   「ハンカチが落ちましたよ」


サー問題です・・「鉛筆を落としましたよ」「消しゴムを落としましたよ」「お金を落としましたよ」
        「ハンカチを落としましたよ」


練習した言葉と問題で出された言葉は、何が違うのでしょうか・・・「落ちましたよ」「落としましたよ」・どんな状況で使い分けるのでしょうか・・

考えてみて下さいね・・・日本語なんて誰でも教えられると思っている日本人の皆さんへのQです・
スポンサーサイト

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



2012年02月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 実践の学び・・教えることで見える面白い日本語・・(02/22)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。