タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

授賞

2010.11.27(03:04) 102

今回の授賞を、何よりも喜んでくれたのが、受講生とボランテイアの仲間達でした。
「のしろ日本語学習会」の一員であることが嬉しい
教室で勉強している自分が誇らしい(外国籍住民)

この授賞は、みんなで勝ち取ったものです。
孤軍奮闘しながらも、信じる道を手を取り合って歩いてきました・・関わって下さった全ての皆様に感謝です。

これからも・・他のどこよりも難しい日本語の勉強をしながら(苦笑)、街の皆様と楽しい交流をする日本語学習会であり続けたいと思います。

今回の授賞で、内閣府のパンフレットに能代教室が掲載されます
たくさんの皆さんに能代教室の活動を見て貰って、外国籍住民が住みやすいまち作りのあり方や、多文化共生社会を受け止めていく視点をどこに置くべきなのかを話し合える日本語教室でありたいと思っています。

地方からの日本語支援発信地としての役割が担える教室になれそうですね



授賞おめでとう会を、是非やりましょうね。・・・石井さんも、他の皆さんも、みんなに言って貰えます
要するに私は飲ンベー・・と思われてるのですが(苦笑)・・


実は・・・11月29日・30日の両日
第1回文化庁日本語教育コーディネーター研修に参加します(市長から推薦文を貰い応募・選考されました)

日本語教育コーディネーターの必要性を文化庁が認めた研修だと言うことです。
ズーと以前から訴えてきました・・日本語指導ができる優しいボランテイアの団体だけでは、大人も子どもも本当には救えない。

コーディネーターの存在は大きな意味を持つ・・自分自身がそれをしてきたことでも言い切れます。
ボランテイアはいつでも辞めて良い活動ですが、外国籍住民の支援は人を育てる支援だと思います。
辞めたらダメな活動なのだと思います・・多文化共生社会構築を唱えるのなら尚更・・


その学びの研修に北川が選考されたのは、今回の授賞と合わせて鍵を渡されてような気がします。
今までは、自分の未熟さを、たくさんの人達の優しさが助けてくれました・・

これからは自治体関係者を捲き込んでいく気概が必要だと言うことでしょうね・・

誰もが住みよいまち作り・・誰もが住みたいまち作り・・優しさが溢れるまち作り・・
キャッチコピーは作れても・・実践が難しい

信念と信頼・・活動を通して学んだことです

いってきま~す・・・帰ってから飲もうね・・みんな~

関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<自治体フォーラム2010年9月号の記事 | ホームへ | 秋田魁新報 2010年11月25日(木)24面 大臣表彰をうける 記事>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/102-78a71801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。