タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

日本語指導者からの自立

2011.05.13(12:35) 139

N小学校で日本語支援者が付いていたN子は小学6年生になった。4年目になる張り付き支援体制から、自立させる支援に切り替えた。


同校に、今年度からフィリピンからのSちゃんがピカピカの一年生で入学したこともあり、N子の担当者は、Sちゃんの日本語支援担当になった。
Sちゃんは、フィリピンの母親と日本人の父親との間に義妹(8か月)が生まれたことをきっかけに、昨年日本に連れて来られた子供なので、母親との日常会話はタガログ語か英語だ。

しかし、日本人の祖母はSちゃんに日本語で話しかけるので、何となく分かったような顔をし、意味が理解できなくなるとハニカム笑顔で切り抜けている?・・ほとんどの連れ子は、こういう対応をする・・分からないと言ったら相手に失礼になるという意識が働くのだろう・・このSちゃんについては、これから書くことがたくさんありそうだ


今日は、自立するN子のお話しをしたいと思う

「私の日本語担当のH先生を、新入生のSちゃんに獲られちゃった。寂しい~」と訴えてきたN子と向きあって話しをした。
「貴女は来年は中学生になる。いつまでも誰かが側に付いているのは変でしょう。貴女には一人で頑張れる力と誰かに聞くことが出来る力をH先生は与えたはず。どうしても理解できなかったらH先生だって居るし、日本語教室があるでしょう・・この一年間は、自立するために学校が貴女に与えてくれた大切な時間だと思いなさい」

「ウン・・頑張ってみる」・・そう言って帰っていった・・

暫くして、N子が・・・「昨日ね・・国語の授業で書いたものを担任の先生に見て貰うのがあったんだけど、いつもは、必ずH先生に確かめて貰ってから出していたので不安だった・・でも勇気を出して提出したら、担任の先生に褒めて貰ったの・・嬉しかった。分からないことも、今まではH先生にだけ聞いていたのに自分で手を挙げて質問ができたの・・嬉しかった~・・私、自立するように頑張る!!

嬉しそうな笑顔で話してくれた・・そうよ・・貴女を自立できるように育ててくれたのが、日本語指導者のH先生なのよ・・担任の先生が褒めてくれたのね・・ヨカッタね

英語とタガログ語しか話せなかった貴女を、ひらがなを書くことから教えてきたのが日本語指導者。
学校の先生は転校しちゃうから、貴女が涙を流した時期も苦しんだ時間もほとんどの先生は覚えていない・・

子供の辛い所は、今の姿でしか学校は評価してくれないこと・・過去にどんな苦労をしてきたのか、日本でどんな環境に居るのかなんて・・考えてくれる人は居ないもんね

私達日本語指導者は、貴女のような子供の笑顔を見るために努力している・・自信を持ちなさい!!
そのために厳しく指導してきたはずだし、いつだって分からなかったら駆け込める教室があるでしょ(だから教室は潰せないんですよね・・誰か本気で考えてくれる教育者が居ないかな~)


N子が最後に言いました・・
「先生、この間はゴメン・・Sちゃんにも、私のように教えてあげてね・・・何にも分からないんだものね・・
今度は私がお手伝いできるように、もっともっと勉強するからね・・私も日本語の先生になろうかな・・」


まだまだ子供のN子です・・これからも色んなことで悩むでしょう・・
でも、日本語指導者から最初の自立ができたようですです・・関わってきた日本語指導者達の協力の賜です


相手を思いやる心は、自分が経験してきたからこそ生まれる・・でも、立ち上がるためには必ず支えてくれる人が必要だと言うことを・・いつの間にか大人は忘れてしまっている・・

関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<これって変じゃない?・・携帯電話・・ | ホームへ | お花見で・・・・>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/139-90bb9541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。