タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

東北に生まれ・・

2011.06.24(00:33) 151

チェルノブイリ原発の事故から、放射能汚染の怖さを学びました。若かったこともあり、興味を持って勉強しました・・

勉強会の時、ある人が聞きました「もし、日本で同じような事故があった場合、どうなりますか」・・関係機関の人は言いました「日本の原発ではあり得ない・その時は日本が無くなるときですよ・バカなことを考えない方が良い」・・安全神話

私は今も・その言葉を忘れてはいません・・当時は禁句だったことが、現実になりました。
あれから20年以上経っているのに・・あたふたと・人間の手で制御できない原発・・学んだときの脅威が蘇っています。

しかし、学んだからこそ、冷静に対処できる自分がいます・・

残念なのは・・日本社会に見捨てられてきた東北が一番誇れたものが自然環境でした・・放射能は、私達の一番大切なものを踏みにじり汚しています・・

自然の恵みで生活している人間は、地震や豪雪など自然から受ける脅威は、仕方のないこととして受け止めて生きています・・だからこそ・・春が来るのが待ち遠しいのです・・

春が来るのを待つように・・原発事故が収束するのをジッと待っているお年寄りがたくさんいます
正直、悔しい・・・真っ正直に、自然と語りながら生きてきた人間が、どうしてこんなに苦しまなければならないのかと・・


いまは、東北から離れていく若者達はいるかもしれない・・それも選択の一つだと思います
今すぐ身体に影響が出るものではない放射能汚染・・若者は、恐い現実だと受け止めるべきだと思います

しかし東北の人間は、そんなにヤワではない・・きっと立ち直ると信じています。
東北のお年寄りは、強い身体と頑固な心を持っています・・どうか頑張って欲しい・・
復興させ、若者達に引き継がせて欲しい・

願わくば、若者達は遠いところに避難させてあげたいと思います。
子どもの命は尊く宝物です。
ついこの間まで、過疎化・少子化対策・子育て支援と言っていた政治家達は・・子どもの命をどう考えているのでしょう

今すぐはでない被害・・子供達にしか出てこない被害と言い切れるでしょう



関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<外国人日本語指導者の役割 | ホームへ | 子の思い>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/151-e7840b18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。