タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ボランティアに参加「お茶碗ぴかぴかプロジェクト」

2011.07.10(19:24) 158

7月6日(水)東日本大震災被災地の仮設住宅に食器を贈るための「お茶碗ぴかぴかプロジェクト」市民活動支援センター主催のボランティア活動に参加しました。

被災地まで行くのは無理ですが、少しでも何かボランティアをしたい・・それは、教室に来る外国から来た人たちも同じです。
しかし、ボランティアがどんなに褒められる活動でも、外国から来たお嫁さんがボランティア活動をする場合は家族の許可が要ります。

中国からお嫁に来て一年半のRさんは、とても積極的で明るい性格です。
お茶碗ぴかぴかプロジェクトの話をしたら「参加したい!。大丈夫、主人に話して参加する」と言って帰宅したのですが、御主人に反対されたようです。

「先生・・ダメだって・・ボランティアしたいけど・どうしたらいい・日本語ができないからダメだって・・」

御主人と電話で話したら・・「日本語も理解できないのに、ボランティアなんて10年早い邪魔になるだけでしょうそれに・・外国人の嫁のくせにイイフリコキだと思われる」と言います。

地方の町に、まだまだ根強い偏見・・ボランティア活動は時間と暇とお金がある人達がやること・・庶民は寄付金だけでも精一杯・・人を手伝う暇があるなら自分のことをきちんとやるべき。

日本語支援は、街の人達の偏見と向きあうのが疎ましいと思ったらできません。
こういう展開はイヤと言うほど経験しています(苦笑)

御主人にゆっくり説明しました。
お皿を洗うボランティアは主婦だからこそできること、日本に来てボランティアをやりたいと思うのは、家族や周囲に優しい人達に居るからこそ生まれる発想で、御主人が好い夫だという証明でもあること・・・周囲の人達にイイフリコキと嫌みを言われたら、日本語の先生が無理矢理引っ張って行ったと答えて下さい」・・と


日本語教室は自律するための場所ですから、意欲のある人材が育ちます・・積極的に日本人と関わりたい・母国を日本人に紹介したい・・自信を持つことは積極的な姿勢になりますが、一番の障壁は日本人の家族です・・

御主人は、先生が一緒に行ってくれるのならと了解してくれました。


7月6日の当日、Rさんは汗だくでお皿を洗ってくれました「嬉しい・楽しい・自分が役に立つ・・面白い・・ありがとう・・」覚えた日本語で必死で気持ちを伝えます。

新聞社が取材に来ました・・Rさんは話したいことがあったと思いますが、ようやく了解を貰って参加したのですから、新聞記事に名前を公表することの了解は貰っていません・・この公表も家族の許可が要ります

次の日の新聞に、洗っている様子が掲載されました・「Rさんに似てる人が写っている・でも中国人がボランティアに参加するかな?・・違うでしょう・・」

私(北川)が誘って連れて行きました・・と白状しました・・
アーやっぱり・・そうじゃないと参加しないよね~

イイエ違います・・みんな、日本語が理解できたら積極的にボランティア活動をしたいと思っています
誰かに誘われなくても、何かできることはないかと考えているのが外国から来た人たちです。
日本語が理解でき、情報が入ったら積極的に参加するだろうなーと思うことが多いです。


又、何かあったら教えてください・・手伝います・・日本人の皆さんの役に立ちたいです・・
笑顔で話してくれたRさん・・お疲れ様でした・ありがとう



追伸
実は・・甘いものが大好きだけど・・チョット太目のRさんは御主人から甘いもの禁止命令・・
アイスクリームが大好きで、中国ではいつも食べていたのに日本へ来てから一度も食べていないと教えてくれました・・「よーし・・今日は頑張ってくれたから、ナイショでチョコレートパフェを御馳走するね・・」

特大のチョコパを前に、「ワー・・ワー」と大喜びでした・・カワイイRさんです。
「主人に内緒です・太るって言われるから・・」イイよナイショにしようね~


イイエ・・キチンと御主人が御礼を言ってくれました「妻がとても喜んで帰宅しました。美味しいアイスクリームも御馳走になったそうで・・ありがとうございました・・いつでも何かあったら連れて行ってください。お世話になりました」


「あんなにカワイイ奥さんを貰えるなんて幸せですよ・・大事にしてあげて下さいね」・・と言ってやりました

また・・恐い先生だなーって思われたかなー・・
彼には優しい奥さんだと思われているはずなんだけどなー・・・もしかして怖がってたりして(苦笑)
関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<進路を考える・・大学はなんのため パート1 | ホームへ | 日本語教育学会公開シンポジウムに参加して >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/158-2e941d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。