タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

夏の夜空に・・花火大会

2011.07.26(06:13) 163

第9回目の能代花火大会は、18万人の見学者だったそうだ・・人口6万弱の町に、どこからそんなに人が集まるのだろう(驚)

「東日本大震災復興支援花火」と銘打った大会は、みんなの心の隅っこにある不安や鬱積を吹き飛ばす願いが込められていたように感じた。能代に避難している方達も招待されたと聞く。

ドンとお腹に響く音と、目の前に広がる色とりどりの彩・・降り注ぐ光のシャワー
能代の花火大会は大曲の花火より歴史が古かったのに・・あるときから、花火大会は中止になってしまった・・みんな残念がったのに行政の判断と住民の意識と違う方向に動くときがある・それが復活し、今年で9回目になる・

幼いときに見た花火の音と、色とりどりの光の鮮やかさは、眼を閉じると目の奥に今でも残っている・・花火は、ため息と歓声を大人と共有できる時間でもある・・子供心にウキウキしたことが、忘れられない思い出として残っている・・

花火大会の面白さは知っているが、日本語教室のみんなで行くのには、お金がかかる・・ます席を購入しなくては入れない・・花火の利点は遠くからでも見られることだから、それなりに個々に楽しんでいるが・・


今回、花火大会のます席を頂いた・・私が各地に出張するたびにお土産を購入する、能代では有名店・「教室の皆さんが頑張っている様子を新聞等で拝見しています。何か協力したいと思っているのですが、中々できないので、少しですが花火のマス席の券を差し上げますのでどうぞ・・」と連絡を貰った

急遽、親が仕事で花火大会に行けない子どもたちやALT等、総勢18名で花火大会に出かけることになった

母親と来た1歳半の幼児が驚きもせず、真剣に花火に見入る様子を見て笑ってしまった・・音響と光の中でスヤスヤと寝てしまうのにも驚いたが(笑)・・子供達もみんな大喜び・・大人はもちろん、手作り料理の各種とお酒で大盛り上がり・・・(昔はこういうことが当たり前にあったっけ・・)

天候にも恵まれ、最高の花火大会だった・・

終了後はゴミを拾って片付け、迷子にならないようにゾロゾロとくっついて歩く・子供達も分担して荷物を持つ・はぐれないでね~・・キチンと付いて歩くのよ~・・大きい子は小さい子のことを助けてあげてね~

日本語が十分に話せるようになり、家族でマス席を購入して出かける外国籍住民は多い・・それが日本語教室の最終目的でもある。

来日直後だったり日本語が理解できない人達が花火大会のようなイベントに顔を出すのは、とても勇気の要ることである。車は進入禁止、聞くことさえままならない・・地域の町のイベントに通訳者は存在しない・・
そんな彼らを引っ張り出し、楽しさを体感させることができたら・・日本語を学ぶ意欲は倍増する・・

事故もなく無事に帰宅できた・・子供達にも良い経験として残るはずだ。
また、教室でね・・頑張って勉強しようね・・

日本語教室が地域に認められていくことは・・こういうメリットもある・

地域住民として生きていく外国籍住民や子供達が、能代の町で生きて行くことが幸せだと感じられるお手伝いを
日本人の皆さんが一緒に考えて下さることを、心から感謝したい。

「貴女達が頑張って生きていれば、必ず認めて貰える・・今回の招待も、貴女達が頑張ってきたことへの御褒美だと思う・・・ヨカッタね・・」


一歩一歩・・自分自身で勝ち取った信用は、何者にも代えがたい・・これからも前を見て歩いて行こうね!!
関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<送別会・・ | ホームへ | 友達とお祭りへ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/163-fbbe777f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。