タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

学校の支援体制

2011.10.06(06:50) 181

中国から来た男の子へ日本語学習支援に入っている中学校の校長から相談を受けた

日本国籍だが、母親はフィリピン人で父親は高齢で無口な環境に育ったK君という子どもが一年に在籍する。真面目で大人しいが、授業が理解できないのが手に取るように分かるので、こういう子どもに日本語学習支援はできないものだろうか・・との相談だった。

「K君の気持ちはどうですか?」と聞くと、無口なので本心が分からないが、今のままだと授業に付いていけなくなる。家族に相談した所、日本語学習支援をして貰えるなら御願いできないか・・と言われた・・

外国にルーツを持つ子供のために、こういう相談を日本語指導者にする校長は居ないよ・・と思う日本語支援関係者が多いと思うが私達の町は違う。校長会で日本語指導者の存在が周知され、日本語支援が必要だと思う子どもが居た場合はまず、日本語指導者に相談するようにと通達されている

校長の話を受け、K君の卒業した小学校へ出向き成績や生活態度を聞いてみた。ニコニコしているが無口で自分の意見を言うことはなかった。話すことは理解できるが、成績は中の下で国語の成績は良くない。母親がフィリピン人であることは皆知っていたが、その事には触れないようにしていたとのこと・・・

一度、K君とゆっくり話す時間が必要だと思った


中国籍の途中転入生は、外国人だいう理由で日本語学習支援をして貰うことができた。
K君は、日本国籍を持つという理由で日本語学習支援は何もしてもらえなかった・・・
中学へ進級して成績が良いのは、日本語学習支援を受けた中国籍の子ども・・・皮肉な結果だ・

日本語学習支援の成果は・恐いほど明確に表れる・・・子どもには何の罪もないのに・・


K君に取り出し授業を試みた・・・苦手だという社会の教科書を指導をしながら、日本語能力を確かめることにした・・一時間の取り出し授業を終え、本人と話した。

「君は頭が悪いとは思わない・・理解できない言葉がたくさんあるから、教科書を見ただけで無理だと思ってしまうんだね・・・もう一度、小学校のときに理解できなかったところから復習してみない?一週間に一度しか私は来られないけど、君が勉強したいと思ったら来るよ。・・どうする?・・無理矢理勉強するのは面白くないから・・イヤなら辞めるけど・・」

彼の目を見て・・返事を待った・・・・・「ボク・・やってみる」・・

小さな声で・・しかし、しっかりと答えてくれた・・・・これなんですよね~
今まで何人の子供達と向きあってきたことか・・ヤルッキャナイか・・

あー又、お金にならない・・きついな~(苦笑)


校長に話したら「本当に本人の口から勉強すると言ったんですか~」と驚かれたが、来週から取り出させて下さいと話し了解を貰った。

しかし、学校側の子どもへの支援体制は嬉しかった・・・・中学1年ならまだ取り戻すことができる
学校が一人の人間として、将来を見据えた対応を考えてくれたことに感謝したい。


サー・K君を引き上げるのは、私の役目・・K君!頑張ろうね

子どもは、自分から頑張って勉強したいと思った時点で・・必ず伸びていく
諦めたり無気力になることさえしなければ・・人として成長できる


日本語指導者の役割は・・意外に奥が深いんですよね・・
関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<大学に合格 | ホームへ | 子育て支援マップ掲載>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/181-1c6b635c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。