タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

嬉しいこと

2011.10.17(13:15) 183

先月から始めた、中学一年生への日本語学習支援。

か細い声・・・下を向いたままの挨拶・・・・
「社会の教科書は難しい言葉がいっぱいで・・意味がワカンナイからボクには無理です・・」
小学校と違って教科書は難しい言葉がたくさん出てくる・・・熟語が多くて意味がチンプンカンプン
国語が理解できなのだから、社会も数学も教科書の内容が理解できない・・・と思い込んでしまっている


そんなk君と向きあって、取り出し授業を始めた
取り出す事ができる時間割は国語か社会、その教科を指導しながら日本語支援をすることにした。

授業から取り出して日本語支援をすると教科学習に遅れが出ると考える学校教師が多いが、本当は理解できない授業に無理矢理参加する方がもっと遅れる・・・・しかし、それに気づく教師は、ほとんど居ない・・・・・日本語支援をして子どもがどんなふうに変わって行くのか、実際を見せていくしかない


何を基準に子どもへの学習支援をするか・・中学になってしまった子どもの支援は、国語の基礎学習の復習に尽きる・・
小学3年→4年→5年の3年間の学びは、日本語から国語へ移行するための基本学習だ。
こんな事が理解できないのかと思うかもしれないが・・・これが意外に難しい・・・小学校の国語指導を軽く考えると読解力が身に付かない・・k君は、ここが抜けていた

国語の基礎学習
漢字の音と訓・漢字の組み立て・いろいろな意味を持つ言葉・同じ読みの漢字・文の組み立て。
主語・・・誰が(は)・何が(は)  述語・・・どうする・どんなだ・なんだ・ある/いる
主語と述語が理解できない場合、文章理解は困難になる

算数の問題に解き方があるように、国語の文章読解にも読みの方法があるのだ。
読みの方法を習得することは、さまざまな文章にも活用できるようになる。


k君への指導は・・
教科書で理解できない言葉があれば、辞書を引く・・・・何度もさせるうちに速く引けるようになった
漢字を音読みと訓読みに区別する方法を教える・・・小学校で使う漢字のほとんどが、訓読みだったことに気がつき始めた・・・国語の教師より日本語指導者が教えることで理解できる領域でもある

同じ読み方の熟語から、該当する熟語を選ぶ・・・これも難しいが、小学3年で「同じ読み方の漢字を正しく使い分ける」の基礎学習が出てくる・・・・・漢字ドリルで漢字にだけ焦点を当てる学び方は、日本語話者環境だからこその学びだ。

細かく分析指導をすることで、k君自身が理解できなかった理由を発見できる。
障害児ではないからこそ・・この発見は大きな意味を持つ




子どもは、基礎さえしっかり教えれば必ず自分自身で飛び立つ・・自分で調べ・答えを見つける「力」をつけてやる事が日本語学習支援者の仕事だと思っている


担任教師が、日本語指導の様子を見学したいと申し出てくれた・・・大いに歓迎・・
日本語指導者と学校教師は立場が違う・・学校教師が気づかない所を支援するのが日本語指導者の仕事だ。
だからこそ、学校教師には日本語指導の様子を見て欲しい・・・


1時間の授業を見て担任が言った・・・「私達では気づかない、見落とす部分を拾い上げて指導するんですね。驚きました。彼がこんなに日本語の基礎が理解できていないんだと分かったことで学校の先生達の話す日本語は、理解できないことがたくさんあるのだろうと改めて思いました。でも、教えたら理解できる子供なんですね・・あんなに笑顔を見せるk君を始めてみました。これからは、私も気をつけたいと思います・・・日本語支援は必要ですね」

教師が理解してくれる・・k君にとって一番の強い味方だ
必死で覚えようとする彼の姿勢が、多くの人に支えられて生きることに直結する・・
だからこそ、甘えは許さない自分がいる

次の授業では、もっと大きな声で挨拶して貰おう・・
中学1年の君は・・まだまだ可能性を秘めている・・・
ね!分かってきたでしょう・・君は決してバカなんかじゃない・・

君に、もっと速く手を差し伸べなかった事を・・反省する・

眼を見てサヨナラって言ってよ~・・彼の小さな顔を手で包んで私の方を向かせた・・
幼稚園の子どものようなチョッピり照れた顔で、k君は笑った・・

異文化の母を持つ子供の、見えない辛さが伝わってくる・・君だけじゃないんだよ・・
どの子もみんな一生懸命頑張っている・・いつだって側に居るからね・・


さービシビシ・・頑張らせるぞ!!(ホントは優しいおばさんです)
関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<2011年9月21日(土)秋田魁新報 嶋田先生の講演の記事 | ホームへ | 大学に合格>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/183-ca79766e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。