タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

新しい受講生

2013.06.09(06:41) 274

今日はO町日本語教室の日・・・窓を全開にし6月の心地よい風を受けながら運転。いつもより車が多く時間がかかりました(ヤッパ・遠いです)

O町教室に新しく2名の受講生が来ていました

二人とも来日して永いのですが、読み書きはほとんどできないとのこと。
とりあえずOPIを実施・・二人とも初級の上(永く住めば日本語が話せるようになるわけではありません)

心がけているのは、初期指導から「ひらがな」を用いて指導することです。
口が先行する指導は、地域の日本語教室には不向きだと考えます。
ひらがなの基礎指導(長音・促音・拗音・撥音)には、必ず書き方を伴った指導をします。
二時間の授業を終え、二人とも「日本語を勉強するのって面白い~」と目を輝かせてくれました。


日本人と上手くコミュニケーションがとれず悩んでいたという台湾のお嫁さん・・私の言葉遣いや、会話を継続させる日本語の力が足りないことが分かった気がします。


日本語の誤りや注意点を指摘する人が誰もおらず、そんなもんで良いんじゃないのと言われるのに不満があったという中国のお嫁さん・・・助詞・疑問詞の使い方の誤り、促音・長音・拗音の発音の仕方など自己流で勉強していたことが、間違いであることが分かりました。



きちんとした日本語指導を受けない人が、日本語を間違えるのは当たり前です
英語をあれほど学んでも話せない日本人には、日本語が上手くない外国人を笑う資格などありません。

言葉は、間違って・間違って・・その積み重ねで覚えていくものだと思います。
だからこそ、堂々と間違える場所が必要なのです・・それが地域の日本語教室であると思っています



二人とも・・何度も聞きます

ひらがな表を見て答えを書いても良いんですか?
間違っても良いんですか?
何度も聞いても良いんですか?
家で勉強するヒムがないんですが・・ダメですよね?


どうして・・そんな風に思ってしまうのでしょう・・学校の勉強の弊害?(苦笑)

「貴女たちは大学生や留学生ではないのですから、まず、生活が優先。
間違えない貴女たちなら勉強は不要でしょ?・・聞かれたら何度でも教えるのが私の仕事です。ただ・休むときは、きちんと連絡して下さいね・・それだけは守って欲しい」・・と・


宿題を渡しました・・「この一枚だけやってきて下さい・・・勉強する時間はあるの?」


一人のお嫁さんが言いました。

「中学の娘に言われたんです「お母さん、もう一度きちんと日本語を勉強してみたらどう・・チャンとした日本語を教えてくれるかもしれないよ」って・・チョット心配しながら教室に来たんですが来て良かったです自分が不思議に思っていた日本語を教えて貰って嬉しかったです。勉強するって楽しいですね」


生活者が勉強するのはとても大変なことです・・・時間もいるし、根気もいるし・何よりも教室に飛び込む勇気が必要です


勇気を持って飛び込んできた異文化の人達は、私たち日本人と手を取り合う心意気のある人達でもあります。

大切に・丁寧に繋がっていけたらと思っています・・・・それはいつか・子供達が世界に羽ばたいて行くようになった時、どこの国にも日本が好きな人達が居ることに繋がるはず・・・・・


日本を汚してしまった私たち大人ができる事は・・・種まくこと・・

関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<5月度の文化庁月報のホームページに掲載された記事 | ホームへ | 和製英語・・>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/274-da4b6b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。