タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

25年度インターンシップの実施について・・お礼状

2013.08.04(05:06) 281

7月25日(木)・・N高校のインターンシップをおこないました。
毎年必ず数名の高校生が日本語教室にやってきます・・恒例になっているので、依頼があったとき簡単に引き受けました。

しかし今年は参加者が7名・・・「ようし・教室の受講生達と一緒に日本語の授業を受けてもらおう!!」と決めました。
最初・・日本語なんて・と半分バカにしていた彼らの目が変わり始めました。

受講生達の「どうしてですか?」に答えられない高校生達・・「日本人なのにわからないんですか?」と言う言葉に苦笑するしかない場面も・・。
とても面白い!?授業をさせてもらいました。

授業の後に受講生達との交流・・・・日本語教室の受講生達は一生懸命、日本語で話します。
その姿勢にも感動していた高校生・・・その7名の高校生達から礼状が届きました。


全部を掲載したいのですが・・抜粋します



「拝啓
 
 先日のインターンシップではご多忙中にもかかわらず貴重な体験をさせていただき有り難うございました。

今回は日本語学習会の授業を生徒と一緒に体験させていただきました。
授業ではただ単語を覚えるのではなくどのようなときに使うことばなのか、助詞や敬語などをとても詳しく説明されていて私も初めて気付いたことがたくさんありました。
特に、敬語の表現でことばの意味を考える時間があり、ことばに思いやりの気持ちが込められているという話しが印象に残っています。

私は今まで英語を完璧にしようとするばかりで、伝える相手のことを考えていませんでした。しかし、日本語学習会の授業を通して、会話をするためには相手のことばを聞く姿勢や自分の国のことばや文化をよく知ること,そして相手のことを考えて心で伝えようとする気持ちが大切だと言うことが分かりました。
これからは日本についてもっと学び、積極的に英語で相手に伝える機会を持ちたいと思います

将来、自分が目指す職業に就くためには、日本人の概念と外国から来た人たちの概念は違うことを理解し,広い視野を持つこと。そして何より、日本を外国の方に説明するためにも日本人として日本をもっと知らなくてはいけないと思いました。
今後とも、御指導のほど、宜しくお願い致します。

                                 敬具」




交流や遊びではない「生きるための日本語・生きた日本語」を学ぶ人たちを目の前にすることで、日本人としての自分を見つめ直すことができます。

高校生達と一緒に学ぶ事を了解してくれた教室の受講生達・・・子供を育てる気持ちは世界共通です。

若者達も・・まだまだ捨てたものではありません・・ね!!

関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<助成金の申請 | ホームへ | 2013年7月12日(金)北羽新報3面にて>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/281-175167fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。