タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

スピーチコンテスト・・伝える事

2014.11.19(07:40) 337

外国人スピーチコンテストの報告です
発表者総勢13名(大学生・技術研修生)・・・・学習会から2名参加しました。

中学3年N美(フィリピン)
中学生が参加するのは珍しい・・ほとんどいない??
しかし、それ以上にスピーチの内容に感動してもらえました。

日本語が話せなくて泣いてばかりいた自分が、日本語を学ぶことによって自信を取りもどして行ったこと、広島へ行き戦争の悲惨さを目の当たりにして初めて、母国フィリピンの平和と日本の平和について考えられるようになったこと・・など・・・今までの体験を交えて話しました。

秋田さきがけ賞

さきがけ新報社論説委員は「平和について、ここまで考えられる中学生がいるのか」と驚いていました。

しかし、異文化をルーツに持つ子供だからこそ、客観的な視点で日本を見る眼を持っています
平和についても同じです・・・世界中には、まだまだ紛争や権力闘争がおこなわれている場所があり、それを目の当たりにしてきた子供もいます。
平和で安全な暮らしのの素晴らしさを、身体で感じることができるのが、異文化の子供達です。

異文化をルーツに持つ子供は、必ず一度は「自分はどこの国の人間だろう?」と悩みます。
「貴方はもう…日本人よ、日本人と同じよ」・・というボランティアや、「自分のルーツを忘れない人間になりなさい」というボランティアもいます。

連れ子でも日本生まれでも・・・人として生きるのに、国など関係ありません。
「アイデンテティは自分自身で決めなさい・・・・二つの国を持つのもステキだと思う
そのためには、日本のことも生まれた国のことも、しっかり学んで欲しい・。日本語教室はそのためにある」

N美のスピーチは、学んだ言葉を生きる力にする・・それが実感できるスピーチでした。
日本語が分からない・日本語が理解できない・・・・・異文化の子供が、学校からはじき出され隅っこに追いやられてしまう一番の要因は日本語なのです。
英語が母語の子供であっても、日本語ができなければバカと同じに扱われます(それが日本の学校の現実です)

子供の声を聞く・・・・・その姿勢を持たない人は、日本語指導者として失格だと思っています(個人的見解です)



Sさん(韓国から来たお嫁さん)
67歳でスピーチをする・・まず、Sさんの年齢に驚いた人が多かったようです。
過疎化・少子化・限界集落と言われる町に、50歳で嫁いできたSさん・・・
87歳の義母の介護と農家の嫁としての苦労を、笑い話にしてスピーチしました。
方言話者の町で、日本語教室で標準語を学ぶことの意味を・・・ユーモアを交えて語ってくれました。

優秀賞(秋田市長賞)!

韓国のチョゴリを着て堂々と語るSさんに、留学生や研修生から拍手が沸きました。
異文化の人が生活者として、前を向いて胸を張って生きている姿は・・・・留学生や研修生の胸にも、熱いものが溢れたと思います。

帰宅して御主人に報告したSさん・・・・彼がとても喜んでくれたと電話が入りました。



在住外国人が悪いことをしたニュースばかりが流される日本・・・・真摯に生きている外国人だってたくさんいます。
必死で日本語を学び頑張っている異文化の人たちを、きちんと評価する日本社会でなければ、国際化とかグローバル化などと軽々しく言ってはいけないような気がします。


今回のスピーチコンテストに一般から初めて参加したのに、魁新聞には一言も触れられていませんでした。
最優秀賞のマレーシア留学生のことのみ・・・・来年度も一般から出場者を募るなら、地域日本語教室からの参加者が居たことや、生活者として生きる人たちの声を聞くべき・・とのコメントがあるかと期待したのですが・・・



朝日新聞からSさんの取材申し込みがありました・・・・きっと・・全国版でSさんが取り上げられるかも・・・
期待してて下さいね!



関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<20141116(日)に秋田で開催された秋田ユネスコ協会スピーチコンテストの記事 | ホームへ | 介護と日本語>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/337-2ef0aa58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。