タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

嬉しかったこと・・考えさせられたこと・・

2015.06.16(01:48) 372

この掲示板を見て下さった東京在住のWさんのお話しです。

Wさんは、長い間地域の日本語教室でボランティアをしていましたが、体調を崩し辞めてしまったそうです。その時に作成した文字カード、絵カードがどうしても手放せず、どこか使っていただけるところはないかと探していたところ、このホームページに出会ったそうです。

「教材を使って頂けませんか」とメールを頂きました・・・・図々しくも・・頂きたいとお願いしました。

段ボール1個分の教材が届き、開けてビックリ・・・手作りの教材一つ一つ、指導内容に合わせ分別してあり市販の教材なんか足下にも及びません。


私自身、20年前、日本語の教材は全て手作りでした。
購入したくても高価で、未熟な私には使いこなせなかったり・・(苦笑)
絵画グループに絵を書いてもらったり、書道グループに五十音表の大判を作って貰ったり・・・・Wさんの教材を拝見し、懐かしさと同時に感慨深いものがありました。
能代教室は、今は市に依頼し購入して貰えるようになりました・・・人財育成のための日本語教室なので、教材は市が揃えるべきだと言いました。

県内でも、日本語教室や学校での指導に教材を揃えられるところは多くないです。
予算がない、日本語指導に教材など必要ではない・・そう考える自治体のなんと多いことか・・

Wさんの作成した教材は、受講生と向き合ってきたからこそのものでした・・さすが、現場を知っている人の作成するものは違う・・・脱帽です!

もしかしたら、こんなふうに心を込めて作成した教材を保管している日本語指導者はたくさんいらっしゃるのではないか・・・
そして・・教材を購入するお金もなく、何を購入したら良いのか分からず悩んでいる人たちはたくさんいるのではないの・・・・

こんなふうに情報交換や教材提供ができたら、きっと助かる日本語指導者は多いのではないのか・・

フォーラムやセミナーを開催することも大切だけど実際の活動に役立つ連携ができたらいいだろうナー・・・改めてそう思いました。


Wさんのような方が頑張ってきたから、日本語支援の必要性が認められてきたと思います。

これから私がやることは・・・日本語指導はボランティアではなく地方自治体で雇い、指導者には責任をもって教えてもらう。(学校でも地域日本語教室でも)
その方向に向けガンバルつもりです・・・そうしないと、若者を育てられません。

でも、掲示板がこんな繋がりを作ってくれることもあるんですね・・ビックリ・・
一番感謝したいのは、能代教室に教材を送って下さると思って下さったWさんです。

ありがとうございました・・・大切に使わせてもらいます。

日本語指導に関わっている皆さん・・・情報交換等してみませんか?
秋田県のように何もない町でも、町の人を巻き込めば何かできます…・・教材づくりについても話し合えたらいいですね
関連記事

「のしろ(能代)日本語学習会」 活動日記



<<中国帰国3世のT君へ | ホームへ | 「日本語教育を必要とする人たちは宝」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://njsl016.blog104.fc2.com/tb.php/372-e961bb96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。